バースピラティススタジオ/東京/銀座/マシンピラティス/パーソナル/プライベートレッスン

web予約 03-5954-1424

STAFF

インストラクター紹介

清水 麻衣子

  • 清水麻衣子プロフィール画像

    資格経歴画像
  • 東京生まれ。3歳のころ日本舞踊の先生だった祖母から、身体を動かすことの楽しさを学ぶ。
    8歳からモダンバレエその後、ジャズダンス、クラシックバレエ、フラメンコ舞踊、コンテンポラリーダンス、マイムと、多岐にわたるジャンルの表現を学び、
    大学卒業後は企画振付演出に携わる。
    ピラティスと出合ったのは19歳。アメリカに留学した友人からレッスンを受ける。
    自分の身体の内側と深く向き合って身体をより良い方向に導いていくピラティスの考え方に心を動かされる。
    何事も片手間ではすませたくない性格から、
    23年続けた舞踊活動を引退しピラティスを学び、ピラティスの本場カナダ・カルガリーに短期留学も経験。
    当時、日本では美容やダイエットのためと考えられがちなピラティスですが、カナダではリハビリとしても確立されるほど効果があることを学ぶ。

    産前産後に興味を持ち、マットとマシンワークショップ受講し学びを深める。
    自らの妊娠を期に身体の変化とピラティスの関係について研究を始める。
    レッスン前後の身体を採寸し、レッスン量と疲労度、弱くなっていく筋肉、母体と胎児と体型の変化等を出産直前まで記録し、
    妊娠中の体型変化にあわせたエクササイズも追及。産後もピラティスを続けることで、妊娠前に体型を戻し、
    さらに独身時代の体脂肪率10%の頃よりジーパンを1サイズダウンされることに成功。体脂肪を極端に下げることなくサイズダウンしていく体型変化に、
    さらなる興味を持つ。自分の身体の機能的な変化を実感し、よりピラティスの効果に確信を持つ。
    現在BIRTH PILATES STUDIOを主宰し、マシンを用いたピラティスレッスン、
    グル―プレッスンを指導。

  • 資格
    STOTT PILATES® Full certification Instructor
    STOTT PILATES認定フルインストラクター
    MERRITHEW 筋膜リリースインストラクター
    MERRITHEW ZEN ・ GA インストラクター
    MERRITHEWトータルバー インストラクター

    マット・リフォーマー・キャデラック・チェアー・バレルのピラティス指導が可能
    マシン以外にも様々な小道具での指導可能
    (ジャンプボード・カーディオトランプ、スタビリティークッション、ストレッチポール、バランスボール、トーニングボール、BOSU、セラバンド、サークル、
    ローテーショナルディスク等)
    ● ISPコース(インジュリー・アンド・スペシャルポピュレーションコース・怪我と特別
    な症例の為の、再生プログラム)
    2006年受講・2012年に再受講
    ● 膝関節の安定と機能の為の研修受講
    ・ 脊柱側弯症に対するプログラミング
    ・ 脊椎側弯症ケーススタディー
    ・ 姿勢分析
    ・ プログラムデザイン
    ・ インターバルトレーニング
    ・ ピラティスマシンを使ったアスレチックコンディショニング等アスリートの為のピラティス
    ・ ゴルファーの為のピラティス
    ・ 減量サポートのピラティス
    ・ マタニティーと産後ケアの為のマット&マシンピラティス
    ・ 乳がん治療後のピラティス
    ・ 高齢者の為のマシンピラティス
    等も可能
    他スポーツ整形外科分野等,他分野の研修会等にも勢力的に参加
    特に産後ケアピラティスプログラムが人気を集めている。

川野 ゆみ

  •  河野 IR プロフィール画像
  • 神奈川県生まれ。幼少期より、両親の仕事の関係、家族の都合で、10回の引越しを経験。小学校転校を4回、そんな生活の中で人間観察が趣味のひとつになる。
    大学で、食物学を専攻し、栄養学、解剖学などを学び、並行して、ミュージカル劇団、劇団で舞台活動を始める。 NY で、短期留学しダンスレッスン漬けの生活を送る。
    東京にあるライセンスセンター SKY PILATES TOKYO にてピラティスを学び、資格取得。現在はマットとプライベートレッスンの指導を続けている。

    ISP という傷害と特殊条件のコースも受けて、姿勢の問題と傷害の発生と回復過程を学んでおり、
    様々な身体的条件や課題を持ったクライアントに適切なエクササイズを提供できる。
    柔らかく、包み込むような雰囲気の中で、はっきりとした指導目的、それを納得させるピラティスへの信念をもっている。人生経験が豊かで、あらゆるニーズに柔軟に対応する姿勢から、お客様からの信頼が厚く、プライベートレッスンを中心に活躍している。

    《ピラティスへの思い》
    ピラティス指導のきっかけは、怪我です。
    中学の部活新体操で、ハムストリング肉離れ、尾骶骨骨折。リハビリが、今ほど発達していたかったため、痛み止めの薬と軽いマッサージで、痛みを抱えながらの試合。その後、舞台活動、身体の歪み、痛みをかかえたまま、妊娠、出産で、腰痛(すべり症)、首痛(狭窄症)、膝痛(半月板損傷)、肩(脱臼)。ピラティス、ルーシーダットン(タイの体操)と出会い、運動での姿勢改善で、痛みの軽減、再発予防が可能であることを知りました。
    自らの怪我の経験をもとに『栄養と運動』『良姿勢つくり』『運動のパフォーマンスの向上のための筋力』の探求を続け、1人でも多くの方に、身体の不思議を味わっていただきたく、指導にあたっています。

  • 資格
    STOTT PILATES® マット & リフォーマー
    MERRITHEW 筋膜リリースインストラクター
    MERRITHEW ZEN ・ GA インストラクター
    ルーシーダットン インストラクター(日本ルーシーダットン協会公認)
    ルースィーダットン・インストラクター(日本ルースィーダットン協会認定)

    ・マット
    ・リフォーマー
    ・キャデラック
    ・チェアー
    ・バレルのピラティス指導が可能
    マシン以外にも様々な小道具での指導可能
    (ジャンプボード、スタビリティークッション、ストレッチポール、バランスボール、トーニングボール、
    BOSU 、セラバンド、サークル、
    ローテーショナルディスク、プラットホームエクステンダー等)
    ●  ISP コース(インジュリー・アンド・スペシャルポピュレーションコース
    ・怪我と特別な症例の為の、再生プログラム受講
    ・筋膜アプローチのレッスン指導
    ・膜、筋膜ムーブメント マットベース
    ・膜・筋膜に焦点をあてた初級マットエクササイズ
    ・筋膜に焦点をあてた小物を使ったマットエクササイズ
    ・側弯症のためのピラティス指導
    ・屈曲を省いたワークショップ
    ・乳がんリハビリのためのマットワーク
    ・筋膜フィットネス:腕ラインの探求
    ・ ZENGA V2 ヴィンヤサ入門
    ・トレーナー向け解剖学 上肢、肩関節
    ・前屈、開脚改善マッサージセミナー
    ・シニア、高齢者対応セミナー

芝田 ゆみこ

  •  芝田 IR プロフィール画像
  • 【東京生まれ
    体を動かすことが好きで、学生時代はダンス、テニス、水泳を経験。
    OL を経て、その後3か国 12 年間の海外生活の中で、アメリカ在住時に出産や育児を経験する。そこで大人からのバレエも始める。
    異国の地での子育てするなか、気づかぬうちに無理をしていたのか、バレエで体をうまく使えていなかったのか腰痛を発症。当時、香港の病院で進められた理学療法の一つが、ピラティス。リハビリとしてのピラティスに出会い、そこから解剖学も含め学びを深め、 SKY PILATES TOKYO でライセンスを取得する。
    現在は、都内でマットとマシンを用いて指導しており、出張レッスンも担当。近年は、年に1、 2 回海外に行き、必ず現地のピラティスレッスン参加や見学も精力的に行い、自身のクラスに新たな試みができるよう邁進中。
    勉強熱心で、ワークショップや勉強会に精力的に参加し、臨床現場での学びをもレッスンにつなげている努力家。英語でのレッスンも可能。日本語と英語を使い分け、幅広い客層にわたり支持を得て活躍している。

    《ピラティスへの思い 》
    腰痛を発症した当時、香港にある病院の施設の中にリフォーマーという器具があり医療現場の中にピラティスが組み込まれていることに驚きを感じました。
    ジョセフピラティスが提唱しているように 私の場合はまさにリハビリとしてピラティスと出会いました。今もバレエもジョギングも続けられているのは ピラティスのおかけだと整形外科医に言われたことがあります。
    ピラティスを教える中で、理解できるようになったことがたくさんあります。例えば姿勢改善や日常生活で動きを少し変えることで可動域が広がることがあります。 運動歴、年齢を問わず、低負荷から高負荷までありとあらゆる人に寄り添うことできるエクササイズがあること、それが Stott Pilates のよさであると思います。
    筋肉はいくつになっても育てることができます。正しい動き方の習慣は形状記憶のように体が覚えていきます。一人一人のお客様にあったエクササイズを選びながら体の変化を楽しむお手伝いができればと思っています。


  • 資格
    STOTT PILATES® マット & リフォーマー
    MERRITHEW 筋膜リリースインストラクター

    ・マット
    ・リフォーマー
    ・キャデラック
    ・チェアー
    ・バレルのピラティス指導が可能
    マシン以外にも様々な小道具での指導可能
    (ジャンプボード、
    スタビリティークッション、ストレッチポール、バランスボール、トーニングボール、
    BOSU 、セラバンド、サークル、
    ローテーショナルディスク、プラットホームエクステンダー等)
    ● 筋膜アプローチのレッスン指導
    ・バレエバーを使ったピラティス
    ・英語でのピラティス指導
    ・ジャンプボードを使った指導
    ・筋膜に焦点をあてたマットエクササイズ
    ・脊柱屈曲のないエクササイズ
    ・産前産後のピラティス指導

長山 愛

  •  長山 IR プロフィール画像
  • 高知県出身。
    大阪にて就職、歯科助手や割烹、ストレッチ専門店での勤務経験を経て30歳でピラティスに出会う。
    日本最大級のライセンスセンタービーキューブにて資格取得。
    プライベートのみならず、グループレッスン、セミプライベートレッスンを担当する。
    明るく女性らしい印象とは別に、指導においてはクライアントの細かい変化に気付きながら、より良い身体へと導く指導方法に定評がある。
    勉強熱心で、心と身体のバランスが必要な疾患やスポーツに特化したピラティスを就学中。

    《ピラティスへの思い 》
    元々運動経験もなく、26歳の時ダイエットを機にパーソナルジムへ通いましたが、理想とする女性らしい体にはならず、腰痛を発症。ギックリ腰が癖になっていた所で、ピラティス に出会いました。

    ピラティスを始めて今までの運動では感じられなかった体の歪みや自分の癖を知り、自身の身体に向き合う事で心身共にスッキリしていく感覚に虜になりました。
    自分が感じたピラティスの素晴らしさ喜びを感じて頂く為に、さらに日々学び続けます。

    正しい動き方を続ける事で、身体が記憶し変化していきます。
    お身体は何歳からでも変われます!
    このHPを見てくださってる「今」が始め時です。
    お客様一人一人の目標やお悩みに合わせて一緒に楽しく
    お身体の改善をお手伝いさせていただけると嬉しいです。

    楽しくわかりやすく心も体も元気になれるレッスンを心がけております。


  • 資格
    STOTT PILATES® STOTT PILATES® MAT & RIFOEMER 、CCB Instructor
    STOTT PILATES認定フルインストラクター マット & リフォーマー、キャデラック、チェア、バレル

    ・マット
    ・リフォーマー
    ・キャデラック
    ・チェアー
    ・バレルのピラティス指導が可能
    マシン以外にも様々な小道具での指導可能
    (セラバンド、ローテーショナルディスク、スタビリティクッション、サークル、プラットフォームエクステンダー、ストレッチポール、バランスボール等)
    ● マシンピラティスプライベートレッスンの指導可能
    ・グループレッスン指導
    ・セミプライベートレッスン指導
    ・マシンを使ったピラティス指導
    ・産前のピラティス指導
    ・バランスボールやストレッチポール、プラットフォームエクステンダーを使ったマシン指導

坂口 比佳留

  •  坂口 IR プロフィール画像
  • 福岡県出身。
    身体を動かすことが好きで、幼少期より水泳を習い、選手として活躍。
    管理栄養士資格をもち、管理栄養士として福岡の病院に約7年間勤務後、都内スポーツジムにて勤務。
    管理栄養士としての勤務と平行して、ライセンスセンターSKY PILATES TOKYO にてピラティス資格を取得。
    現在は都内のピラティススタジオにて指導。グループレッスン、セミプライベートレッスン、プライベートレッスンと活動の幅も広げている。

    管理栄養士として、生活習慣病をはじめとする栄養指導から、筋力増量やダイエット、腸内環境や美容面での食事の知識も増やし、幅広い食事相談をうけている。マンツーマンでその方の食生活合った食事の提案をする事に好評を得ており、体重が減った、便通が良くなったなど好評を得ている。
    ピラティスインストラクターとして、クライアントの要望に寄り添いながらレッスンをすすめるスタイルに力を入れている。
    ピラティスのみならず、経験をいかした視点から様々なエクササイズを指導し、産前産後や、脊柱側彎症に対するアプローチなど様々なクライアントへ寄り添いたいと、学ぶ意欲も高い。

    《ピラティスへの思い》
    病院での入院患者様を見て、入院しないようにする身体づくりの必要性を感じ、自分自身で運動の大切さを伝えたいと強く感じました。
    また、病院には泌尿器科もあり、女性特有の尿漏れや子宮脱といった疾患に、当時趣味として習っていたピラティスがいい事を知り資格取得に至りました。

    お客様の目標や悩みに寄り添い、一緒に解決していきたいと思っています。楽しいレッスンを心がけ、
    また、食事の悩みもありましたら、どうぞ気軽にお声かけ下さい。

  • 資格
    STOTT PILATES® マット & リフォーマー
    管理栄養士
    糖尿病療養指導士

    ・マット
    ・リフォーマー
    ・V2MAXタワー
    ・バレルのピラティス指導が可能
    マシン以外にも様々な小道具での指導可能
    (ストレッチポール、バランスボール、トーニングボール、BOSU 、セラバンド、サークル等)